たまドラベビーのスタミナ効率

  • 2014.02.19 Wednesday
  • 09:02
たまドラベビーが実装され、その後さらに進化実装、メタゴルダンジョンが実装されました。

そこで、どのように入手して、進化させるか否かを考えるために、スタミナ効率を検証しました。



入手スタミナ効率
現在、たまドラベビーを入手できるダンジョンは、木曜ダンジョン(旧トライフルーツ)、金曜ダンジョン(旧ツインリット)、さらにメタゴルダンジョンとなります。

それぞれのスタミナは、
曜日D:50
メタゴル:25
です。

各ダンジョンは、たまドラの出現フロアで別のモンスターを含めて合計3体出現します。
なので、ドロップ率を1/3として必要なスタミナは、
曜日D:150
メタゴル:75
となります。

さらに、覚醒する確率が50%といわれているので、覚醒するためのスタミナ効率は、
曜日D:300
メタゴル:150

となります。


進化後の効率
進化に必要な素材は、ゴールドドラゴン、ドラゴンフラワー2、ドラゴンフルーツ、ダブルトパリットです。
ゴールドドラゴンは、メタゴルや通常ダンジョンでもドロップするためスタミナには含めないとします。

ドラゴンフラワーとドラゴンフルーツは木曜ダンジョン(2倍時)で入手するとすると、およそ3周必要なのでスタミナ30です。
ダブルトパリットは金曜ダンジョンの上級(2倍時)で入手するとします。

金曜ダンジョンは、1、2、4Fでは出現せず、3Fでは1/4、5Fでは1/3で落ちるとすると一周あたり1/4+1/3体落ちることになります。
これは、1体落とすのに逆数の12/7周必要ということになるので、スタミナ効率では42.9となります。

合計すると、進化に必要なスタミナは約73ということになりました。

入手効率と合わせて、進化を含めた覚醒に必要なスタミナ効率は、
曜日D:223
メタゴル:128

となります。

これらの進化素材は、曜日ダンジョンでドロップするため曜日ダンジョンのスタミナ効率はもうちょっとよくなります。


最もよい合成方法
もっともスタミナ効率が良いのは、メタゴルでたまドラベビーを確保し、進化させて合成させることです。

しかし、これはボックスを圧迫するのでメタゴルで入手してしまったらすぐに合成してしまうのも手だと思います。

実際は、進化素材は他のモンスター目的で周回した結果たまっている可能性もあるため、進化のスタミナ効率はもっと低く見積もってもいいと思います。
自分の場合、ペンドラ進化に木曜D回るし、闇メタ、ソニアのスキラゲで曜日Dも回るのでダブトパ以外は余ると思います。
+5倍のときにアイテールぶん回せばよかった・・・

つまり、
BOXに空きがある→進化させて合成
BOXに空きがない→進化前を合成


という結論に至りました。
並びに、たまドラベビー目的で曜日ダンジョンを回るのは非効率なことがわかりました。ただし、ツインリットやトライフルーツのついでなら十分ありだと思います。

ちなみに、以前のトライフルーツやツインリットのスタミナ効率は180なので、スタミナ効率を比較すると
メタゴル進化>旧ダンジョン>メタゴル>曜日ダンジョン進化>曜日ダンジョン
ということになりますね。

つまり、メタゴルはうまい!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM